クラウド会計ソフト大手3種をを徹底比較!おすすめは?

近年ネットワーク技術が進み、業務をさらに効率的に進めるため「システムのクラウド化」が多く行われています。

会計ソフトもその一つ。会計ソフトを購入してパソコンにインストールするのではなく、使用料を支払いインターネット経由で会計ソフトを使えるのがクラウド会計ソフトです。常に最新のソフトが使えたり、インターネットさえあればどこでもアクセスできる利点から導入企業が増えています。

そんなクラウド会計ソフトですが、「導入するならどれが良いのか」と悩むこともありますよね。今回は大手3社のクラウド会計ソフト、「マネーフォワードクラウド会計」「freee」「弥生会計オンライン」をそれぞれの特徴と共に比較しご説明します。導入に悩む方も移行を検討している方もぜひソフトを選ぶ参考にしてみてください。

 

マネーフォワードクラウド会計

「マネーフォワードクラウド会計(MFクラウド会計)」は株式会社マネーフォワードが提供する会計ソフト。有名な家計簿アプリのサービスもあります。仕訳の自動入力や明細データの自動取得が可能なため、会計業務の作業効率を大幅に改善できるのも魅力の一つ。コストパフォーマンスが高いと評判の声もあります。

 

マネーフォワードクラウド会計のプラン

マネーフォワードクラウド会計では、機能や規模に合わせたスモールビジネスとビジネスの2プランが用意されています。機能の制限などはもちろんありますが、一番の違いは登録可能な部門数とクラウドストレージの容量でしょう。

スモールビジネスプランでは2部門、ビジネスプランでは無制限かつ2階層がそれぞれ登録可能です。また容量は、スモールビジネスプランは100MB、ビジネスプランでは10GBが使用可能です。

 

マネーフォワードクラウド会計の料金

それぞれの料金プランです。

・スモールビジネスプラン…月額3,980円(年間契約で2,980円/月)

・ビジネスプラン…月額5,980円(年間契約で4,980円/月)

ストレージの容量を超えてしまっても、あとからプランの変更が可能となっています。そのためプランに悩んだ場合は、まずはスモールビジネスプランをおすすめします。トライアル体験版にビジネスプランの1ヶ月無料体験もあるため、まず使ってみるのも良いでしょう。

 

マネーフォワードクラウド会計はこんな方におすすめ

使い勝手や機能の面から、多少簿記に慣れている方におすすめのクラウド会計ソフトです。

 

freee

次に「freee(フリー)」の特徴を見ていきましょう。
freeeはなんといっても初心者向き。感覚で作業ができるため、簿記や経理の知識がない人でも簡単に決算書が作成可能です。またチャットやメールといったサポートも充実しています。

 

freeeのプラン

freeeのプランには、ミニマム、ベーシック、プロフェッショナルの3プランがあります。

ミニマムとベーシックの大きな差は、経費精算機能の有無です。加えてプロフェッショナルは充実した機能がありますが、基本的な機能はベーシックで充分対応できるでしょう。そのため、経費精算機能が不要であればミニマム版、必要であればベーシック版がおすすめです。

 

freeeの料金

それぞれの料金プランです。

・ミニマムプラン…月額1,980円(年間契約で2,380円/月)

・ベーシックプラン…月額3,980円(年間契約で4,780円/月)

・プロフェッショナルプラン…月額39,800円(年間契約で47,780円/月)

こちらはすべてのプランで30日間の無料お試しが可能です。悩んだ場合は導入してみて機能とプランを検討しても良いでしょう。

 

freeeはこんな方におすすめ

freeeは簿記の知識がない方向けに特化しています。そのため、従来の会計ソフトに慣れていたり、経理経験者には反対に使いにくい面があるかもしれません。簿記の知識がない経理初心者の方や、ひとりで事業をするフリーランスなどスモールビジネスの方におすすめのソフトです。

 

弥生会計オンライン

最後に「弥生会計オンライン」です。会計ソフトの老舗企業、弥生がクラウド会計ソフトとしてサービスを提供しています。最大の特徴はそのサポートの厚さです。老舗企業として充実したサポート体制が用意されています。

また、日々の取引入力から多様なレポートを自動で作成できます。結果はグラフで表示されるため、経営状況などの確認にも大変便利です。

 

弥生会計オンラインのプラン

料金プランはセルフプランとベーシックプランの2つ。機能ではなくサポートの有無でプランが異なります。セルフプランでは最大2ヶ月初期のみのサポートとなっています。

 

弥生会計オンラインの料金

・セルフプラン…年間26,000円

・ベーシックプラン…年間30,000円

弥生会計オンラインは手厚いサポートが魅力の一つです。そのため選ぶのであれば継続的なサポートを受けられる、ベーシックをおすすめします。無料体験版として、最大2ヶ月の無料体験プランが用意されています。

 

弥生会計オンラインはこんな方におすすめ

インターフェイスは従来の弥生会計と同様のため、これまで弥生会計で慣れている方には大変おすすめです。また、サポートの手厚さや機能の面から、経理にあまり時間を使いたくない人にも向いているでしょう。

 

クラウド会計ソフトを選ぶ時のポイント

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、搭載されている機能はもちろんですが、実際に使う人のスキルとサポートレベル、ビジネス規模を考えて検討するのが必要です。導入を考える場合はぜひこれらの情報を参考にしてみてください。

また今回の3社には無料体験プランもあるので、まずは試してみるというのもおすすめですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です