SIMカードは必要ない!?クラウドSIMのメリット・デメリット

クラウドSIM、という言葉を聞いたことはありますか?最近話題になった新しい技術で、「どんなときもWi-Fi」や「限界突破WiFi」といったサービスで耳にしたこともあるかもしれません。とはいえ、「今までのシステムと何が違うの?」「どんな時に使えば良いの?」とわからないことも多いと思います。今回は「クラウドSIMがどんなものなのか」をわかりやすく説明し、メリットデメリット、どんな人に便利なサービスになのかも解説していきます。

 

クラウドSIMとは?

まずはクラウドSIMとは何なのか。その仕組みを説明します。

これまで端末の通信と言えば、使用端末を契約した会社からSIMカードをもらい、そのSIMカードを通じてモバイル通信を行うのが一般的でした。スマートフォンやポケットWi-Fiで、SIMカードを見たことがある人もいるかもしれませんね。SIMカードとは端末に差し込むICチップのことで、端末の契約情報や識別情報が保有されています。このSIMカードがあることで、ユーザーは各地で通信が可能になります。

このSIMカードの情報をサーバー上に保管し、サーバーから端末にSIMカードのデータを送るようにしたのがクラウドSIMです。そのためクラウドSIMでは、物理的なSIMカードがありません。従来のSIMカードを使わずに通信が可能になります。

まだまだ新しい技術のため、利用されるサービスは多くありません。ですがこのクラウドSIMを扱ったサービスは、海外旅行やWiFiサービスに今後さらに広がっていくとも期待されています。

 

クラウドSIMのメリット

それではクラウドSIMのメリットを見ていきましょう。まずクラウドSIMのメリットは、大きく2つ挙げられます。

複数のキャリア回線が利用可能

クラウドSIMは複数のSIM情報がクラウドに保管されているため、1社と契約するだけで複数のキャリア回線を使用できます。国内であれば、docomo、softbank、auの三大キャリア回線が使用可能。そのため特定のキャリアに通信障害がおこりインターネットや電話が使えなくなってしまっても、クラウドSIMでは別のキャリア回線に自動で切り替えてくれます。電波障害が起きたとしても、「解消されるまで待つしかない…」といったストレスがクラウドSIMでは起こりません。

 

海外での使用に便利!通信回線も自動で切り替え可能

クラウドSIMは国内だけでなく、世界各国のSIMカード情報も登録されています。そのため、SIMカードが保有されている国であれば、どの国でも使うことができます。従来のSIMカードの端末では、海外では現地のSIMカードに入れ換え作業をしたり、レンタルWi-Fiを用意したり、国際ローミングを利用する必要がありました。ただし現地でSIMやWi-Fiを調達するのは手間も時間もかかりますし、国際ローミングを使用すると高い金額がかかってしまいます。

それがクラウドSIMであれば、海外でも自動的に通信回線を切り替えてくれます。設定が必要な場合もありますが、基本は端末を持っていくだけで特別な作業をすることもなく、海外でも使用することができるのです。

 

クラウドSIMのデメリット

クラウドSIMのメリットを述べてきましたが、次にデメリットについて説明します。大きく2つのデメリットが考えられるでしょう。

普及率が低いためサービスの選択肢も少ない

クラウドSIMはまだまだ新しい技術です。そのため世間にはまだ浸透しているとは言いがたく、提供サービスにも限りがあります。現在の日本で使用できるクラウドSIMサービスは多くなく、対応機種も限られているのが現状です。クラウドSIMを搭載したスマートフォンはAndroid端末に2種類のみで、iPhoneはまだ対応していません。

また、クラウドSIMを使ったWi-Fiルーターも数種類しかなく、従来のWi-Fiサービスに比べてキャンペーンなども多くありません。サービスが広がっていないため口コミなども少なく、情報はあまりない状態です。しかし今後サービスが広がって行けば、クラウドSIMの対応機種や情報が増え、サービスが充実していくことも期待されています。

 

通信回線を自分で選ぶことはできない

メリットにあげたように、複数のキャリアから自動で回線を切り替えてくれるのがクラウドSIMですが、この回線を自分で選ぶことはできません。使用する回線はクラウドSIM側が選択し、自動で切り替えてしまいます。そのため、時には低速回線を拾ってしまうこともあり、電波を拾い直す際は端末を再起動することも。自分で使用する回線を選びたい方にとっては、クラウドSIMのこの特徴は合わないかもしれません。

 

クラウドSIMのまとめ

クラウドSIMは今後どんどん広がると期待されている技術です。特に海外によく行くような人であれば、現地でSIMカードやWi-Fiを調達する必要がなくなりとても便利になるでしょう。

一方で、サービスが普及していないため選択肢が少ないことや、低速になってしまうデメリットもあります。また海外利用時も、うまく使わないとかえって料金が割高になってしまったり、利用制限がかかる可能性もあります。特に海外で使用したい場合、クラウドSIMに対応している国かどうかは事前に確認が必要です。

このようにクラウドSIMは、とても便利で新しい技術であると同時に多くの特徴があります。クラウドSIMを利用する場合は、メリットとデメリットを比較した上で、自分に合ったサービスかどうかしっかり確認し検討することをおすすめします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です