Zoom,Googleハングアウト,Skypeなど、リモートテレビ会議作成ツールを徹底解説!

職場から遠隔地との会議や、緊急で会議がする事になった時に、必要となるリモートテレビ会議というものを使用した事はありますか?
最近のはたらき方改革などで、在宅勤務の方が増えてとても需要が増えているリモートテレビ会議ツールですが、今回はそのリモートテレビ会議で使用する様々なツールについてご紹介しようかと思います。
大企業だけではなく、最近は中小企業でも使用されているリモートテレビ会議ツール、もう知っているよという方もいらっしゃるかとは思いますが、様々な製品がありますので知らないツールもあるかと思いますので、ご紹介していきたいと思います。

Zoom

メリット

この製品はHD画質によるビデオ出力が可能な為、とても高品質な映像と音声で遠隔地の方と話す事が可能です。
例えば、発信者側のPCでフルHD対応のカメラを使用して高品質なカメラを用意すれば、そのスペックの状態で発信者側は遠隔地へリモートテレビ会議を行う事が可能です。
また、このZoomは仮想的なグループ会議が可能ですので、複数のグループに分割してそれぞれのグループと会議する事が可能になっております。
これにより、会社の研修等を行う際に、このリモートテレビ会議ツールを使用すれば、効率的にグループワークをする事が可能です。

デメリット

この製品は無償版がありますが、無償版の機能はユーザ管理が出来なかったりWebでの会議が40分までしかできません。
また、有償版を使用すると、pcやモバイルで1ユーザ1980円~と少々高額です。
本格的にカメラやマイクを使用してH.323ビデオとSipを使用した通話を行う場合、1ライセンスで4980円ととても高額です。
ですので、Zoomを使用する場合には、自身の環境に適したライセンスを使用しないと、高額な請求が来るので注意が必要です。
ただ、とても便利なテレビ会議ツールではありますので、気になった方は是非チェックをしてみる事をお勧めします。

Googleハングアウト

 

メリット

これは知っている方も多いとは思いますが、googleが提供しているコミュニケーションツールです。
SkypeやLineにあるような、チャットやビデオ通話や音声を使用した通話が可能なものです。
PCではもちろん、スマートフォンからアプリをインストールする事により使用する事が可能になります。
こちらの製品のメリットは、使用するだけなら全ての機能が無料という点です。
スマートフォンやPCに保存がされているコンテンツ等をこのツールで送信をすることも可能です。
また、グループを新規に作成して、特定のユーザとグループ通話をすることも可能です。
職場で少人数でグループ通話等をする際に使用する事で効果を発揮できます。

デメリット

大多数の人間とコミュニケーションをとるのは難しいです。
無料のアプリですので、帯域幅はすぐいっぱいになってしまいますし、多人数と会話すると音声や画質が劣化していきます。
ですが、大企業のような大きい会社で使用する場合でない限り、このgoogleハングアウトを使用する事でテレビ会議ツールとしての役割は出来るのではないでしょうか。

Skype

 

メリット

この製品は知っている方は多いのではないでしょうか。若者では主にゲーム等でコミュニケーションを取ったり、フリーランスで仕事をする場合でも使用されている方も多いと覆います。
Skypeのメリットは、ゲームからPC、スマフォやlinuxまで、あらゆるディストリビューションから使用する事が可能であり、使用しているOSに依存せず相互に通信する事が利点です。
チャットはもちろん音声通話やビデオ通話をすることも可能になっております。
また、画面共有により、相手になにか教えたいといった場合、この機能を使用する事により、手間が省く事が出来ます。

デメリット

こちらの製品は固定電話や携帯電話への通話が可能ですが、有料になってしまいます。
また、ユーザIDの管理が面倒で、特にメールや電話番号を覚えていないと、スカイプIDを忘れた時に何もできなくなってしまいます。

BizMee

 

メリット

この製品は、ブラウザを使用した全て無料のテレビ会議システムで、なんとインストールや会員登録等が一切必要がありません。
事前にURLを決めておくことにより、Webからテレビ会議をすぐに始める事が可能です。
そのほかにも画面共有機能や議事録システム等、会議する側にとってはとても便利なWeb会議システムとなっております。

デメリット

とても便利なWeb会議システムなのですが、大人数になってくると接続が不安定になっていき、接続できなくなるユーザが発生してしまいます。
ですのでこちらもどちらかというと中から小規模の企業向けサービスになるかと思います。

Whereby

 

メリット

こちらの製品も、アカウントを登録したりアプリの設定が一切必要ない、事前にURLを決めてしまえばそれだけで会議を始める事が出来るWeb会議システムです。
カメラでの通話や音声のみの通話も可能です。

デメリット

こちらの製品は全て英語表記ですので、ある程度英語が読める方でないと使用するのがキツイところが難点でしょうか。

 

如何でしたでしょうか。現在リモートテレビ会議ツールは様々なものがあります。
自分の環境に適したツールを使用しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です