人気のクラウド型グループウェアを比較!G SuiteとOffice 365の機能や料金を比べてみました

企業の社内情報ツールとして浸透しつつあるグループウェア。近年、手軽で導入コストが抑えられるクラウド型グループウェアへ移行・導入する企業が増えています。

今回は主要2社が提供する「G Suite」と「Office 365」のグループウェアについて、徹底比較を行いました。現在利用している方も、これから導入を検討している方もぜひ参考にしてください。

【G SuiteとOffice 365を項目ごとに徹底比較】

 

G Suite(ジースイート)はGoogleが提供しているクラウド型グループウェアです。Gmailをはじめ、業務を効率的に進める機能が搭載されています。

Office365はMicrosoft Officeが提供するグループウェアで、ExcelやWordなどのアプリケーションもクラウド上で利用可能。こちらは常に最新版のMicrosoft Officeのアプリを利用できるのもポイントです。

 

【G SuiteとOffice 365の機能を比較】

今回はG Suite Basicと、それと同等機能を有するOffice 365 Businessプランで比較を行います。

 

【アプリケーションの比較】

まずはアプリケーションの機能を比較してみましょう。

・メール(Gmail / Exchange Online, Outlook)
・スケジュール管理(Googleカレンダー / Outlook)
・表計算(Googleスプレッドシート / Excel)
・文書の作成(Googleドキュメント / Word)
・プレゼンテーション(Googleスライド / PowerPoint)
・オンラインストレージ、ファイル共有(Googleドライブ / OneDrive)
・チャット(Hangouts Chat / Microsoft Teams)
・ノート機能(Google Keep / OneNote)

これらの機能はどちらも搭載しており、大きな違いはありません。そのため、機能やアプリケーションとしてはほぼ同じと言えます。

 

【メールのホスティング機能の比較】

次にメールのホスティング機能。これは独自のドメインアドレスが取得できるかの機能です。G Suiteでは取得可能ですが、Office365では次プランの Business Premiumから可能となっています。

 

【使用可能な容量の比較】

それでは次に、使用できる容量です。

G Suiteでは1ユーザーあたり30GB、一方Office 365では1ユーザーあたり1TBの容量が使用可能です。動画やデザインデータなど容量を使用する場合、この差は大きいかもしれません。

なおG SuiteはBasicの次のBusinessプランであれば、容量無制限となります。

 

【使用可能なデバイス数の比較】

使えるデバイスの数はどうでしょうか。

G Suiteはネット環境にログインできれば使用できるため、デバイス数の制限はありません。インターネットに接続できれば無制限に使用できます。

Office 365では1ライセンスで1ユーザー5台のスマートフォン、5台のタブレット、5台のWindows PCまたはMacにOfficeアプリをフル機能でインストール可能です。インストール台数の範囲内であれば無制限に同時利用もできます。

【G SuiteとOffice 365の料金プランを比較】

それでは次に、それぞれのプランと費用についてです。

G Suite Basic…680円/ユーザー・月
G Suite Business…1,360円/ユーザー・月
G Suite Enterprise…3,000円/ユーザー・月

Office 365 Business…900円/ユーザー・月相当(年間契約)
Office 365 Business Premium…1,360円/ユーザー・月相当(年間契約)
Office 365 Enterprise E3…2,170円/ユーザー・月相当(年間契約)
Office 365 Enterprise E5…3,810円/ユーザー・月相当(年間契約)
※Officeのデスクトップアプリケーションを含むプラン

細かい内容によってプランに違いはありますが、およそ同等の金額で同程度の機能を有しています。

 

【G SuiteとOffice 365のそれぞれの特徴】

これまでの比較より、大まかな機能や料金はほぼ同じと言えるでしょう。

ここからはさらにそれぞれの強みをご紹介します。

 

【G Suiteはチーム作業におすすめ】

G Suiteはインターネット上のオンラインで使用することを前提にしています。そのため「共有」などの機能が優れているのが特徴。無駄な機能がなく操作性もシンプルなため、全体的にすっきりとした印象です。

そのためデータの内容を複数人で一緒に編集するような場面では、スピードや機能の面で人気があるようです。

 

【Office 365はOfficeアプリとの相性面で効率的】

ビジネスシーンにおいて、Officeのアプリケーションは社内外問わず欠かせないツールでしょう。現在では互換性のあるアプリケーションも増えていますが、ファイル変換の際に文字化けしたり、一部表示が崩れたりすることも多くあります。

そう考えるとMicrosoft Officeのドキュメントが問題なく使えるのは、大変効率的と言えます。

 

【G SuiteとOffice 365のまとめ】

いかがだったでしょうか。どちらもクラウド型グループウェアとして、基本機能で大きな差はありません。

大きな違いには、容量の違いと、シンプルな操作性を得意とするG SuiteとOfficeドキュメントとの相性が良いOffice 365といった特徴があります。

全体としては、チームや共同作業などオンライン上での作業が多い場合はG Suiteが人気。個人の作業が多い場合や重いデータを取り扱うなどオフライン上での作業が多い場合はOffice 365の方に定評があるようです。

どちらもそれぞれの使い方、考え方によって大きな強みがあります。どちらの特徴が自分、または自社に合うのかを踏まえて導入を検討してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です